メンバー紹介

島本 大也 (しまもと ともなり)

所属: 京都大学医学系大学院 社会健康医学系専攻  専門職学位課程 予防医療学分野
役職・資格: 看護師 大学院生
研究分野: 循環器内科、集中治療室で看護師の業務を行いつつ、院内でのBLS,ACLSの普及に関わってきた。また、毎年課せられる看護研究について、その在り方に疑問を感じていた。そんな中、石見先生とであり、しっかりとした研究の方法論を学ぶ事の重要性と、学べる場所があることを知り、また院内だけでなく一般市民の方へのBLSの普及が重要であることを認識し始める。
現在大学院へと進学し、質的・量的な研究の方法論を学びながら、石見先生の指導の下、バイスタンダーに対する口頭指導の現状調査や心肺蘇生の自己復習プログラムの評価などの臨床研究、また心肺蘇生の普及活動に積極的に取り組んでいる。
BLSが常識の技術になる世界を目指しつつ、将来は看護研究のコーディネートを行ったり、看護師の視点から臨床のエビデンスを発信したりすることが出来るような存在になりたいと考えている。
プライベートでは音楽をこよなく愛し、一人カラオケでいつもストレスを発散している。好きなジャンルはハードロック。また、シックスパックを目指して日夜筋トレ、ランニングにも励むが、最近太ってきているのが悩み。漫画やゲームからまだ卒業できないマニアックな一面も。
目標: 臨床研究の方法論を習得する事。
看護研究をしっかりとした臨床研究にする事
BLSが人類の常識になること
略歴: 山口県下関市彦島出身。

平成15 年 大阪大学医学部保健学科看護学専攻入学

平成25年 京都大学医学系大学院
School of public healthコース入学
・専門:蘇生科学、循環器看護、重症集中看護

主な実績