主な取り組み

現在進めている研究

病院前の蘇生記録をまとめた従来のウツタイン統計に加えて、受け入れ先医療機関の体制、病院到着後の治療実態も記録し、院外心停止例に対する病院前後を網羅した治療実態の把握、医療機関到着後の集中治療も含めた効果的治療ストラテジーを検討することを目指しています。現在、大阪府下のすべての救命救急センターおよび一部の2次医療機関の協力を得て登録を進めているところです。
病院前の蘇生記録集計・検証が進んでいる大阪でモデルを構築し、全国に対象地域を広げることを目指しています。

(続きを読む…)

12